FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずはフクホーのような新規貸付が高額な会社に申し込む

大手消費者金融会社と違い、中堅消費者金融会社の多くは、新規貸付額の平均額を10万円前後に抑えています。
(但し、自己破産や債務整理をした方なども審査対象にしている会社が多くあります)
そのため、もし必要としているお金が30万円だとすると、
1社から10万円づつ借入をして、合計3社から借入をしなければならなくなります。
しかし、このような借入の仕方は、デメリットだらけです。

  • 短期間に複数の消費者金融に申し込みを行う為、いわゆる「申し込みブラック」という状態になりやすい。
    指定信用情報機関に、消費者金融の申し込みをした日時は、6ヶ月間登録されます。短期間に申込した件数が集中している方は、審査で敬遠されやすくなります)
  • 複数の会社に対して、返済をすることになり、月々の返済金額の負担が大きくなりやすい。
  • 借入件数が多くなるので、相対的に信用が低下する。



このような状態になってしまっては、仮に借入ができたとしても、その後のマネー計画に支障をきたすことは間違いありません。
もし総額30万円の借入を予定しているのであれば、できれば1社からの利用にすべきです。
その為には、まず最初に、新規貸付額が比較的高額なキャッシング会社に申し込みをする必要があります。
当サイトの調査での主な中堅消費者金融会社の新規貸付平均額は下記になります。

AZ株式会社
・・・10万円
アルコシステム
・・・10万円
ライオンズリース
・・・5~10万円
フクホー
・・・・30万円

10万円以上を必要とされている方は、まずは フクホー への申し込みをおすすめします。


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク
zenback
プロフィール

フクホーキャッシング案内所

Author:フクホーキャッシング案内所
法律改正後に積極融資を実施している会社として、
今、フクホーは最注目企業です。
筆者はかつてフクホーの融資のおかげで、何度も助けられました。
その経験からフクホーでのキャッシング・借り入れについて、徹底解説をしていますので、安心・安全なキャッシングにお役立てください。

QRコード
QR
免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
601位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
112位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。