スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の借入れを放置されていると見なされてしまうケースもあり、要注意です!

フクホーは公式ホームページ上で注意事項として「以下の項目に該当する方はご契約できません」と審査否決条件の一部を公表しています。
その項目は
①他社のご返済が現在延滞中の方や過去のお借入れを放置されている方
②自営業主、会社役員、現在お仕事をされていない方
③健康保険証をお持ちでない方
とわかりやすい内容になっています。
中でも①の内容はかつて
・現在他社延滞中の方
とだけの表示でしたが、最近わざわざ「過去のお借入れを放置されている方」を加えた文章に修正されました。


※指定信用情報機関への確認で判断されるので注意
フクホーの審査では返済能力調査として指定信用情報機関である㈱日本信用情報機構JICC)を利用した現在借入額の調査が行われることになります。
この調査では、現在延滞有無や過去1年の延滞状況も判明します。
もちろん、何年も前の過去の借入れを放置している場合もこの調査で判明するので、嘘をついてもバレてしまいます。
本当に放置していた場合はやむを得ないかもしれませんが、中には、誤解で放置しているように判断されてしまうケースもあるので要注意です。


※自己破産した方は要注意
以前も記事にしましたが(詳しくはこちら)、通常、自己破産をして免責が決定すれば、負債は免除され、借入額は0円ということになり、指定信用情報機関の情報も完済情報として更新されることになります。
しかし、現実はこの指定信用情報機関への完済情報の更新を怠っている会社が多く、本来、免責で完済に更新されるべき借入情報が、現在の借入額として残ったままになっていることがあるのです。このような業者の更新漏れによって、本当は自己破産して現在借入はないのに、「過去の借入を放置している」と見なされてしまう場合もあり得ます。


※自分の信用情報機関を確認する
このように、指定信用情報機関の情報は更新漏れなども多く、現実の審査では、誤解によって融資が受けられなかった方も多いと思われます。
キャッシングの審査においては“疑わしきは否決”になってしまいます。
対策としては、自分自身の信用情報を開示請求して、誤った情報になっていないか確認するほかありません。
前述のように、自己破産した方はもちろん、過去に複数の業者から借り入れがあった方も、ちゃんと完済情報に更新されているか確認しておくことおすすめします。
開示方法はこちらで確認できます。
もし本当に何年も前の借入れを放置してしまっている場合でも信用情報の開示をする価値はあります。
その会社が既に廃業していて指定信用情報機関の会員でなくなっている場合は、指定信用情報機関の情報からは削除されます。
(あくまで、指定信用情報機関の情報に掲載されなくなっただけで、借金が消滅したわけではありません。)
また、未払い期間が5年以上続いている場合は時効援用を主張できる可能性や、引き直し計算で減額を図れる場合もあるので、弁護士などへの相談をおすすめします。



フクホーへの申込みはこちらの公式ホームページからどうぞ!



スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク
zenback
プロフィール

フクホーキャッシング案内所

Author:フクホーキャッシング案内所
法律改正後に積極融資を実施している会社として、
今、フクホーは最注目企業です。
筆者はかつてフクホーの融資のおかげで、何度も助けられました。
その経験からフクホーでのキャッシング・借り入れについて、徹底解説をしていますので、安心・安全なキャッシングにお役立てください。

QRコード
QR
免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
24位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。