スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクホーの審査基準の解析について

【大手と中小業者の審査の違い】
大手消費者金融会社キャッシング審査は、属性や借入状況によって加算された点数で審査結果を出すオートスコアリングシステムによるものがほとんどです。
審査担当者によって決裁のムラがないので、統一した審査が可能になります。
また、審査基準を変更する際も全店同じ基準で変更することが可能で、本部でコントロールしやすいというメリットがあります。
しかしフクホーをはじめ中小クラスの消費者金融会社オートスコアリングシステムを導入している会社は少なく、いまだベテラン社員の経験に基づいて決裁を出している会社がほとんどです。
また、初めて消費者金融を利用する方など、申込み者のほとんどが優良顧客である大手消費者金融会社の審査方法を、そのほとんどの申し込みが、自己破産債務整理をした方など金融事故者あるいは多重債務者である中小消費者金融会社に当てはめることは無理がるとも言えます。


【大手と中小業者の貸付率の違い】
いわゆる「ホワイト層」の申し込みが多い大手消費者金融会社では、その貸付率は7割を超えるものになります。
しかし、金融事故者など「ブラック層」の申し込みも多い中小消費者金融会社では、その貸付率は1割にも満たない場合がほとんどです。

これはフクホーも例外ではなく、他の中小業者に比べて貸付率は高いものの大手のそれには到底及びません。
このように大手と中小では同じ消費者金融会社でも内容がかなり違い、もはや全くの別物と言っても過言ではありません。


【決裁基準はあくまで目安】
このようにフクホーのような中小規模の消費者金融会社の審査基準は、ある程度の目安はあるものの、どうしても審査担当者の感覚に依る部分が多くなってしまいます。
そのため、その審査基準を正確に解析することはかなり困難になります。
同じ属性、同じ負債額であっても決裁は違ったものになる可能性がでてきます。
当サイトではフクホーの審査の目安について詳しく解説していますが、最終的には先方決裁者の感覚にもよるので、あまりこだわりすぎてもいけません。
仮に否決になっても、決裁者の感覚に合わなかっただけと割り切って、次の申込みに進むことも重要です。


創業45年のフクホーは安心の日本貸金業協会会員!



※フクホーが否決の場合、次の申込み先はここから探せます!
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク
zenback
プロフィール

フクホーキャッシング案内所

Author:フクホーキャッシング案内所
法律改正後に積極融資を実施している会社として、
今、フクホーは最注目企業です。
筆者はかつてフクホーの融資のおかげで、何度も助けられました。
その経験からフクホーでのキャッシング・借り入れについて、徹底解説をしていますので、安心・安全なキャッシングにお役立てください。

QRコード
QR
免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
60位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。