スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代行申込みには注意!フクホーへの申込みは公式ホームページから!

現在、インターネット上では、消費者金融などにキャッシングの申込みをするのに、「一括申込み代行」と称するサービスがよく見受けられます。

申込みフォームに自分の個人情報を入力すると、借入できそうな会社を探して本人に代わって申込みをしてくれるサービスとのことです。
実際にこのようなサイトを通してフクホーに申込みをされる方も多いと聞きます。
しかし、このような行為は実は非常に危険ですから要注意です。

「一括申込み代行」のサービスを行っているサイトは、“お金を必要としている人の個人情報の収集”を目的としており、その個人情報を基に様々な詐欺でお金をだまし取ろうというものです。

その情報が違法のヤミ金に流れて、不審な業者から、DMや電話やメールが入ることも多い様子です。
(また、実際に借入している先の会社名を名乗って電話やメールをしてくる場合もあるようです。)

このような被害に遭わないためにも、フクホーへの申込みは、自分自身で、公式ホームページから行うのが一番安全です。
また、複数の消費者金融会社に申込をする際も、面倒でも1社1社、自分自身で必要事項を入力して申込みをすべきです。
インターネットを利用しての情報収集や申込みは、非常に便利な半面、このように悪質な詐欺と思われるサイトも実際に存在しますので、くれぐれも取り扱いにはご注意ください。



フクホーへの申込みはこちらの公式ホームページからが安心・安全です!

スポンサーサイト

フクホーの審査ではヒアリングが重視されます!

柔軟審査に対応しているフクホーですが、口コミやユーザ情報を分析するとその審査基準には、かなりムラがあるようにも思えます。
(属性がほぼ同じ、他社借入額も同じくらい、金融事故などの状況も同じなのに、否決になる方と可決になる方がいる。また、可決でも限度額に違いがでるなど)

大手消費者金融会社が導入しているようなオートスコアリングシステム(コンピューターが行う自動与信システム。属性情報で加点していく方式が多い。)のみで与信判断していれば、通常このようなムラがでることはありません。

しかし、このように同じ属性でも決裁に違いがでてくるのは、フクホーが最終的にヒアリングを重視しているからでしょう。

フクホー審査では、一次審査(簡易な属性審査)が通過した後に、生活状況などの詳細についてのヒアリングがあります。
これは、電話でフクホーの担当と直接話をする方法で行われ、その結果で、最終的な与信判断が決定されることになります。

口コミの中には、「いろいろ確認されたが、結局、否決だった」などのネガティブな意見もありますが、
ヒアリングを重視しているということは、考え方によっては、申込者にとってもメリットがあります。
例えるなら、「受験の試験点数が良くなくても、面接を重視しているので合格できる可能性がある」というとこでしょうか。

このヒアリングについては、先方担当者の主観も入ってしまいますので、一概には言えませんが、
ポイントは下記項目になるでしょう。

・問われた事に嘘はつかない。
(嘘はNGです。信用されなくなります。)
・丁寧に回答をする。
(必要以上のことを話したくないので、つい雑な回答になりがちですが、丁寧な対応を心がけてください。)
・最終的な清算方法があるならアピールする。
(現在は家族に内緒だが最悪、相談すれば清算可能。または退職金や身内の援助などで最終清算が可能など)

そしてヒアリングについての最大のポイントは、
“借りたお金を返してゆく誠意がある”ということでしょう。
このことが、先方担当者に伝われば、可決の可能性は高くなるでしょう。


創業45年のフクホーは安心の日本貸金業協会会員!


検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク
zenback
プロフィール

フクホーキャッシング案内所

Author:フクホーキャッシング案内所
法律改正後に積極融資を実施している会社として、
今、フクホーは最注目企業です。
筆者はかつてフクホーの融資のおかげで、何度も助けられました。
その経験からフクホーでのキャッシング・借り入れについて、徹底解説をしていますので、安心・安全なキャッシングにお役立てください。

QRコード
QR
免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
60位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。